11月15日更新!掲載件数56

鶴野沙夜さんは、製造組み立てとして働き、手漉き和紙を作っている。|奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】

ホーム > その他 > 奈良市 > 鶴野沙夜さんは、製造組み立てとして働き、手漉き和紙を作っている。

手漉き和紙とはどういったものですか?

日本の古代からある物の中には多くの物があります。木工、陶磁器、筆、扇、など数多くあります。その中に「手漉き和紙」という物があります。これは言葉を紙に書いて伝えることができる日本古来の和紙です。水に弱いですが、しっかりと人の言葉を伝えることのできるものです。

 

これはどんな思いで作られているのですか?

今の時代は、物を書くという習慣が徐々に無くなってきています。書くことをしないので字が下手でもいっこうに構わないといった感じの人が多くいます。それでは駄目なのだと警鐘を鳴らしている大人も多くいます。そんな中で何かの記念の時だけでも紙に気持ちを書いて送って頂きたいと考えながら作成しています。

 

鶴野沙夜さんについて

前の仕事ではルートセールスをしていたらしいですが、なぜ今回この製造組み立てをしようと思ったのですか?

毎日同じように過ごす感じでした。刺激もないですし、ルートセールスの仕事の醍醐味を味わったことはありませんでした。仕事に不満があったわけではありませんが、自分がする仕事に納得いくものが欲しかったので転職をしました。

 

実際に今の製造組み立てをしていてどうですか?

修行している時は分かりませんでしたが、私が知らんエリアがありました。そこでは体験学習ということで多くのお客様が毎日来られて自分の好みの和紙を作っていました。修行が終った私もお客様に指導することがありました。古き良き物を欲して習いに来るお客様の為に私は自分のレベルを飛躍的に上げる必要性を感じました。

会社情報

  • 会社名:表和紙工房
  • 従業員数:12人
  • 資本金:2,500,000円

この会社の求人情報

  • 給料:月給175,000円
  • 待遇:経験者優遇
©Copyright 奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】 All Rights Reserved.