11月15日更新!掲載件数56

倉橋聡さんは、職人として働き、食器を作っている。|奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】

ホーム > 陶磁器・漆器職人 > 奈良市 > 倉橋聡さんは、職人として働き、食器を作っている。

食器とはどういったものですか?

どんな人でもご飯を食べます。動物も同じです。何かを食べるときに購入したものをそのまま食べることもできますが、家で食事をするときは、器などに入れて見栄えを綺麗にして食べる人がほとんどだと思います。すなわち食器というのは食事をするときにしようする道具のことをさします。これがなければ食事をするときに手で食べなければなりません。食べ物を入れているものも食器といいます。食器がなければ作ったものを入れる器もありません。食器というのは食事をするときに必要なものです。

 

これはどんな思いで作られているのですか?

コレを作る人によって違います。今、多くの人が使われているものは、市販の物なのできかいが作っているものを使用している人が大多数だと思います。私は、食器職人として、日に限られた数しか作っていません。弊社に直接連絡をして依頼されるお客様には要望されるものを作らせて頂いています。私は、要望どおりに作るのではなく、依頼されたものを私のイメージで作っているのでこの世に2つとして同じものはありません。

 

倉橋聡さんについて

前の仕事では公務員をしていたらしいですが、なぜ今回この職人をしようと思ったのですか?

公務員をしていたので、定年までクビにならずに仕事をすることが出来ましたが、昔から作ることが好きだったので大好きな奈良で物作りの仕事をしようと決めました。奈良という場所を決めた後で、勤め先を探しました。

会社情報

  • 会社名:嵩ノ羽
  • 従業員数:11人
  • 資本金:2150000円

この会社の求人情報

  • 給料:165,000円
  • 待遇:食事手当て
©Copyright 奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】 All Rights Reserved.