11月15日更新!掲載件数56

日岡一馬さんは、ヘルプデスクとして働き、相談窓口を作っている。|奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】

ホーム > その他 > 奈良市 > 日岡一馬さんは、ヘルプデスクとして働き、相談窓口を作っている。

相談窓口とはどういったものですか?

相談窓口は、企業になくてはならない部署ですね。商品に関すること、サービスに関すること、はたまた社員に関すること……など、企業を運営するにあたっては、多くの相談が生じてしまうのが常というもの。そこを相談する窓口を据えることは、最低限の顧客へのサービスとなるのです。無い……なんてことは、言語道断ですね。

これはどんな思いで作られているのですか?

お電話いただいた以上は、「その場で解決できる」ことをモットーとしております。もちろん、内容によって持ち帰らせて頂くことも無いわけではありませんが、お電話頂いたその時が、困っている時でもありますので、スピーディさも求められますね。

日岡一馬さんについて

前の仕事では商品企画をしていたらしいですが、なぜ今回このヘルプデスクをしようと思ったのですか?

奈良市の某デザイン会社にて、商品企画のお仕事をしておりました。その際、お問い合わせを社に頂くことが多かったのですが、それに関して対応するスタッフにより、お客さまの満足度に大きな違いが出ている事を知り、ヘルプデスクに興味を持ちました。

実際に今のヘルプデスクをしていてどうですか?

話し方・声のトーン・高さなど多くの要素が絡み合うことで、人に安心感を与えることもあれば、逆に抵抗を感じさせることもあると知りました。ヘルプデスクのお仕事はやればやるだけ成果が顕著に現れますので、そこが面白いですね。

この職種に応募しようとしている人にメッセージを

奈良に生きし求人でも、それなりに求人数のあるヘルプデスク。最初は、とっつきにくいお仕事だと感じるかもしれませんが、慣れるに従い、面白さを感じてくると思います。

会社情報

  • 会社名:株式会社ミヤオカ
  • 従業員数:32人
  • 資本金:2200万円

この会社の求人情報

  • 給料:月給280,000円~
  • 待遇:経験者優遇,住宅手当あり,社保完備
©Copyright 奈良の求人に応募した人の思い入れが綴られたサイト【奈良に生きし求人】 All Rights Reserved.